スポンサーサイト

  • 2007.08.19 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日興アセットマネジメント 概要

日興アセットマネジメントって何?って方にまず、

アセットマネジメントとは、投資家(資金提供者)から依託を受けて取得した資産の運用・運営・管理を行うことをいい、これを実行するものをアセットマネジャーと呼びます。
アセットマネジャーは対象不動産の資産価値を高めることを目的としてアセットマネジメント計画を策定・実行します。
具体的には、対象不動産の購入や売却を行いテナント誘致計画や物件の管理方針等を決定したりということです。
このアセットマネジャーが『日興アセットマネジメント株式会社』ということです。

--日興アセットマネジメント--

 
最近では、「道路のアセットマネジメント」など、公物(=公共の建設物)にアセットマネジメントという言葉を用いる例が増えてきています。
公物の場合は、売却や運用という概念は存在しませんが、国民の税金を原資としているため、安全性や利用者満足を確保しながら、いかに長期的な費用を低減するのかがアセットマネジメントの重要なポイントでになっています。

私たちの住む日本の社会資本は、1960年代から1970年代初頭の高度成長期にかけて急速に整備されました。今後は、その高度成長期に整備されたこれらの多数の構造物が一斉に老朽化の時期を迎え、補修・補強対策や予算措置など維持管理問題が表面化するに違いありません。
そこでアセットマネジメントの考え方を取り入れた公物管理の重要性はこれからますます高まると予想されます。

--日興アセットマネジメント--


日興アセットマネジメント 財産3分法ファンド

--日興アセットマネジメント--

日興アセットマネジメントが行う財産3分法ファンドとは、「不動産」、「債券」および「株式」の3つの異なる資産に分散投資を行ない、インカム収益の確保を図りつつ、安定した信託財産の成長をめざすという毎月分配型のファンドです。

以下、日興アセットマネジメントホームページ<財産3分法ファンド>http://www.nikkoam.com/products/fund/3bunhou/参照<〜ここから〜>

日興アセットマネジメント 財産3分法ファンドの特色
・日興アセットマネジメントが行う財産3分法ファンドは、投資信託証券への投資を通じて、3つの異なる資産(不動産、債券および株式)に分散投資します。
・日興アセットマネジメントが行う財産3分法ファンドは、原則として、各資産への投資比率は、不動産等25%:債券50%:株式25%を目処とします。
・日興アセットマネジメントが行う財産3分法ファンドは、原則として、毎月、安定した収益分配を行なうことをめざします。

日興アセットマネジメントが掲げる各資産の運用目標

【不動産投信】
証券取引所に上場している不動産投信に投資します。不動産投信への投資にあたっては、原則として、不動産投信市場全体の値動きを概ねとらえることをめざします。

【債券】
「海外債券インデックス(ヘッジなし)マザーファンド」への投資を通じて、世界の主要国の債券市場の動きをとらえることを目標に、シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)に連動する投資成果をめざします。

【株式】
「日本株式インデックス225マザーファンド」への投資を通じて、わが国の株式市場の動きをとらえることを目標に、日経平均株価(225種・東証)に連動する投資成果をめざします。
<〜ここまで〜>

--日興アセットマネジメント--

投資信託のことならこちらも→ピクテ投信【ピクテ投信投資顧問】

日興アセットマネジメント 株ちょファンド日本(毎月分配型)

『株ちょファンド』は日興アセットマネジメント株式会社が行うファンドで、主に「高配当利回り」「割安」「成長」という3つの異なる観点から日本株式を中心に各株式を主要投資対象とする投資信託証券を通じて投資を行なうファンド・オブ・ファンズです。

--日興アセットマネジメント--

以下、日興アセットマネジメント<株ちょファンド日本>参照〜ここから〜
★『高配当利回り』  <日興アセットマネジメント 株ちょファンド日本> 
わが国の高配当利回り株に投資を行ないます。
ファンドの純資産総額の概ね50%±20%程度は、電力株やガス株に投資し、残りの部分については、わが国の株式の中から、配当利回りが相対的に高い株式に投資を行ないます。
★『割安』  <日興アセットマネジメント 株ちょファンド日本> 
「変革のプロセス」にあると判断される企業の株式を中心に、株価が割安と判断される銘柄への投資を行ない、中長期的にTOPIX(東証株価指数)を上回る投資成果をめざします。

★『成長』  <日興アセットマネジメント 株ちょファンド日本> 
「将来、爆発的な変貌を遂げる企業=ミュータント・カンパニー」に厳選投資し、中長期での絶対リターン※を重視して運用を行ないます。
国内株式を中心に投資を行ないますが、国内よりも海外に有望企業があると判断した場合には、純資産総額の30%を上限として、外国株式への投資を行ないます。この場合、原則として為替ヘッジは行ないません。

★『各投資信託証券の組入比率』 <日興アセットマネジメント 株ちょファンド日本> 
・各投資信託証券の組入比率は、原則として、信託財産の純資産総額の3分の1をめどとし、市況環境および各投資信託証券の収益性等を勘案して決定します。
・また、各投資信託証券の投資比率は、原則として、信託財産の純資産総額の40%を上限とします。

★『安定した収益分配』  <日興アセットマネジメント 株ちょファンド日本> 
・毎月19日(休業日の場合は翌営業日)を決算日として、安定した収益分配を行なうことをめざします。
・基準価額が当初元本(1万口当たり1万円)を下回っている場合においても、分配を行なう場合があります。
日興アセットマネジメント<株ちょファンド日本>参照〜ここまで〜

--日興アセットマネジメント--

投資信託のことならこちらも→ピクテ投信【ピクテ投信投資顧問】

Search Google
Google
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
関連キーワード

日興,アセット,資産,運用

others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM